テレビ局と携帯大手各社が電波を共有するって本当!?

“テレビ局と携帯会社大手キャリアは、電波共有を行うというニュースが飛び交っています。5G推進に向けて時間帯に応じて使い分けていくそうです。ここではテレビ局と携帯大手各社の電話運用についてまとめてみましょう。
総務省は2021年度内にも、テレビ局と携帯大手各社が、同じ周波数帯の電波を時間帯に応じて使い分ける新制度の運用を始める方針を固めています。これは高速・大容量通信規格「5G」の普及に伴って、スマートフォンや自動運転などの利用拡大が見込まれる中で、限りある周波数帯を有効に活用することを狙いにしているのです。テレビ局と携帯大手各社が電波を共有するというのは、今回が初めてのことだそう。
全国のテレビ局というのは、バラエティーやドラマなどの一般番組用と、スポーツ、災害など中継用では異なる周波数帯の電波を使用しています。今回、携帯大手各社と共有になる対象の周波数帯は、中継用の電波。この電波は、携帯電話の5G通信にも利用することができる周波数帯となっているのです。
現在、テレビ中継がない空き時間が多く発生しており、2018年から2019年の利用頻度は、需要が多い日中の東京都であっても1週間に1回程度でした。そこでその電波を有効活用するために、2020年4月の電波法改正では、テレビ局が使用しない夜間、早朝などの時間帯は、携帯電話会社が利用できるように法改正が行われました。
総務省としては、年内に割当先を募集する方針で、NTTドコモ、ソフトバンク、auなど大手キャリアが応募するとみられています。2022年春をめどに割当先を1~2社に決定するとしており、携帯ユーザーにとってはこの電波を活用することで、今よりも5Gの高速通信がつながりやすくなるというメリットが得られるでしょう。
ちなみにテレビ局と携帯電話会社で電波を共有する際には、複数の事業者が時間ごとに使い分けすることができる「ダイナミック周波数共有」と呼ばれるシステムを導入することになります。これまで、複数の事業者が同じ地域で、同じ周波数帯を使ってしまうと、障害が発生する恐れがあったため、相乗りはなかなか難しいとされてきました。しかし、2019年ころから新システムの実証実験がスタートし、三菱総合研究所などが開発に関わり、実用化することになりました。
このダイナミック周波数共有という新システムでは、総務省が指定した第三者機関が電波の需給を把握して、割当先を変えられるようにします。テレビ局の利用を優先として、中継がない時に関しては携帯電話が利用する電波に切り替えるのです。この新システムに関しては海外ではすでに導入実績がいくつもあり、アメリカでは海軍の艦船に割り当てられた周波数帯を、使用していない時間帯は携帯電話会社が利用しているそうです。
電波の需要は急速に高まっており、携帯など移動通信の月間データ通信量はここ10年で60倍以上に跳ね上がっています。今後5Gの普及がさらに進めば、周波数帯が今よりも必要になってくるでしょ。電波を有効的に活用する方法が求められることになりそうです。”

ゲーム加速付き「OPPO Find X」

“オススメのゲーミングスマホとしてよく登場するものに、「OPPO Find X」があります。
スマートフォンランキングでは上位にランクインしていることも多いOPPO Find Xですが、以下のような特徴があるため、ゲーミングスマホの中でもハイスペックスマートフォンを探している人にオススメできるスマートフォンです。
まず、OPPO Find Xは価格が「約12万円」のハイエンドモデルです。ハイエンドモデルとは最上位を意味するのですが、各スマートフォンメーカーのフラッグシップモデルなどがハイエンドモデルに相当します。フラッグシップモデルは、最新のパーツのみで構成されているスマートフォンのため、他のスマートフォンよりもハイスペックなゲーミングスマホを探しているのであれば、ハイエンドモデルにしぼって探されたほうがよいでしょう。
OPPO Find Xの特徴は処理性能の高さで、スペックを参考にすると「Snapdragon845、RAMは8GB、ストレージは256GB」となっています。ゲーミングスマホについて知らない人は、このスペックを見てもすごさがよくわからないでしょう。SnapdragonとはCPUのことで、世界的に認められているCPUのことです。Snapdragonは700番台以上から最新のスマートフォンに搭載されており、現行モデルとしてはSnapdragon845が最高の性能を誇ります。
RAM、ストレージについてですがゲーミングスマホの場合は、「高ければ高いほどゲームプレイでストレスがなくなる」と思ってください。RAMは4GB以上が好ましい、ストレージはデータの保存容量を意味するので、大きなデータを取り扱いたいのであれば、ストレージも気にしたほうがよいです。
補足となりますが、OPPO Find XのOPPOとは中国のスマートフォンメーカーのことです。今では世界的に認められているスマートフォンメーカーで、OPPO Reno5のように安くて性能のよいスマートフォンを多く取り揃えていることでも有名です。
なによりOPPO Find Xは、「ゲーム加速モード搭載」のハイスペックスマートフォンです。ハイスペックスマートフォンであれば、ゲーム加速モード搭載は当然・・・と勘違いされているユーザーもおられますが、eスポーツでありスマートフォンでゲームをすることは、最近になって社会から認知されるようになりました。
そのため、フラッグシップモデルであってもゲーム専用の機能があるものと、ないものに分類されるため注意してください。
ゲーム加速モードの補足となりますが、「グラフィック処理の最適化、各種通知のカット、バックグラウンドアプリの通信制限」という機能のことです。特にグラフィック処理に関しては、OPPO Find Xのようなスマートフォンを選ばない限り、基本的に対応してくれるスマートフォンはないと思ったほうがよいでしょう。つまり、全身全霊でゲームをプレイしたい人にとって、ゲーム加速モードは必須と言えるのです。”

インスタの人気機能リールに関するQ&A

“インスタグラムの中でも、現在若者から絶大な人気を得ている機能と言えば「リール」です。
リールは15秒~30秒までの長さを選択して、数秒程度のクリップ動画をつなぎ合わせながら作る短尺動画のこと。
撮影方法を工夫すれば簡単におしゃれでクリエイティブな動画を作成できるとあって利用しているユーザーは多いでしょう。
ここではリールに関するQ&Aをまとめてみましょう。
・リールは視聴すると足跡が残る?
リールは視聴すると足跡が残るのか気にしている人はいませんか?
実はリールを視聴し人の足跡は残りません「いいね!」やコメントをせずに視聴した場合、再生回数はカウントされるものの、誰がこのリールを見たのか?については分かりません。
こっそり他の人のリールを見たいと言う人は、「いいね!」やコメントをしなければ相手にばれませんよ。
・マナーモードにしている音は出ない?
スマホをマナーモードに設定していると、リール動画を開いても音が出ないようになっています。
音付きでリールを視聴したい場合には、マナーモードを解除するか、音量ボタンを押すと音付きで楽しむことができますよ。またリール動画によっては元々音声が付いていないものもあるので、他の動画を再生して音が出るかチェックしてみるとよいでしょう。
・他の人のリールは保存することができない?
気に入ったリールがあれば保存しておきたい!と思う人は多いはず。しかし残念ながら他の人が作成したリールに関しては、ダウンロードはできません。自分が作成したリール動画であれば、スマホのカメラロールにダウンロード保存が可能です。
ただインスタへの保存はできます。リールを開いて[…]ボタンをタップすると[保存]という項目があります。この項目を選択すると、カメラロールへの保存ではなくインスタの[保存済み]に保存されます。
他の人のリールを後でもう1度見たい!という場合には、インスタの[保存済み]にまとめておくと便利ですよ。
・一度投稿したリールはキャプション以外の再編集はできない?
リールを投稿してしまうと、後からBGMやエフェクトを変更・追加することはできません。再編集で行える操作に関しては、キャプションの変更のみとなっているので注意しましょう。
・ストーリーにシェアしたリールは自動アーカイブされるの?
リールをシェアする際に、ストーリーズのタブを選択すると、リールをストーリー投稿としてアップすることができます。ストーリーとして投稿したリールに関しては、プロフィールグリッドやリールタブには公開されません。ただストーリーとして投稿できるのは15秒以内のリールに限り、15秒以上のものは出来ません。またストーリーは投稿後24時間でストーリートレイから消えてしまうものの、ストーリーアーカイブに保存されます。ストーリーとしてシェアしたリールに関しても、アーカイブ内で確認が可能で”

ブログ主のプロフィール

こんにちは。ご挨拶に引き続いての更新となりますが、ここではとりあえず運営者の自己紹介を致します。管理人ともども、新しい時代の生き方をどうかよろしくお願いいたします。
職場の人からすすめられたことをきっかけに、こちらのサイトを作ろうと思いました。
趣味は通販やネットサーフィン等です。最近は料理もしてみたいと思っているところです。
見てくれる方々に楽しんでいただけるよう、こまめに更新しようと計画しております。今後、更新の頻度が落ちるようならお叱りのお声をよろしくお願いいたします。