新しい時代の生き方 http://www.60news.net Sat, 10 Feb 2024 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 スマホのレンズを綺麗にする際にやってはいけない注意点とは? http://www.60news.net/2024/02/11/entry-20240211/ http://www.60news.net/2024/02/11/entry-20240211/#comments Sat, 10 Feb 2024 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/60newsnet/2024/02/11/entry-20240211/ “スマホのレンズが汚れていたり、曇っていたりすると写真の画質が悪くなってしまいます。ではスマホのレンズの汚れを落とすにはどうすればよいでしょうか?ここではレンズを綺麗にする際にやってはいけない注意点と、汚れを落とす方法についてまとめてみましょう。
【スマホのカメラレンズを綺麗にする際の注意点!】
スマホのカメラレンズが汚れている場合、ティッシュなどで手軽に拭いてしまうことがあるかもしれません。しかしそれはNG行動です。ここではスマホのレンズカメラを綺麗にする際の注意点についてまとめてみましょう。
<ティッシュで拭くのはNG>
スマホカメラのレンズのついている汚れは、ほとんどが皮脂汚れと言えます。皮脂汚れは油分が多いため、ティッシュなど乾いたものでは汚れが落ちにくいです。逆に乾いたティッシュでレンズを拭いてしまうと、汚れが広範囲に引き伸ばされたり、レンズに傷がついたりしてしまうことがあるので注意しましょう。
<アルコール入りウェットティッシュはレンズによくない>
アルコール入りのウェットティッシュを持ち歩いている人は多いでしょう。そのためレンズが汚れた時にアルコール入りのウェットティッシュを使う人がいますが、これはNG行為と言えます。アルコール入りティッシュに含まれるアルコールや界面活性剤は、レンズのガラス表面やプラスチックなどを劣化させる原因となるのです。
<息を吹きかけるとカビが発生する可能性がある?>
息を吹きかければレンズが綺麗になると勘違いしている人がいますが、それはNGです。息には水分や雑菌が多く含まれているため、スマホなどの電子機器にかけてしまうと、カビが発生したり故障の原因になったりすることがあります。
<エアダスターを使用すると故障の原因になる?>
エアダスターでスマホのレンズを綺麗にしようと考える人がいますが、これもNGです。エアダスターには空気以外にも微細なガスを含んでおり、そのガスが接続部品に触れてしまうと腐食してしまって故障する可能性があります。
<水で洗うとスマホ本体が故障する可能性がある>
完全防水機能が付いたスマホであっても、水で洗うのはやめましょう。故障の原因になります。
【スマホのカメラレンズの汚れを落とすにはどうしたらよいの?】
スマホのカメラレンズの汚れを落とすにはどうすればよいでしょうか?レンズを綺麗にする方法をまとめてみましょう。
<スマホカメラレンズ専用のクリーニングクロスを使用して汚れを拭き取る>
スマホカメラレンズ専用のクリーニングクロスというものが販売されています。そのクリーニングクロスを使用すれば綺麗に汚れを拭き取ることができるでしょう。
専用のクリーニングクロスであれば指紋や油脂などの汚れを綺麗に除去でき、レンズに傷もつきにくいです。また拭いた後も清浄効果が持続するのでおすすめです。
<レンズ用のクリーニングティッシュを使って汚れを拭き取る>
液晶やレンズ専用のクリーニングティッシュがあるので、それを利用してレンズを綺麗にしましょう。このレンズ用のクリーニングティッシュにはアルコール成分が含まれていません。速乾性があり除菌効果も期待できるので、綺麗なレンズを維持できます。また超極細の繊維でできているため拭き跡が残りにくいのもポイントです。
<ブロアーを使用してレンズを綺麗にしよう>
レンズはもちろん、細かい部分の埃や汚れを綺麗にしたい!という方はブロアーがセットになっているクリーニングセットを購入しましょう。ブロアーを使うことでレンズ表面について埃やごみを吹き飛ばすことができます。スマホカメラはもちろん、一眼レフなどのカメラのメンテナンスでも必要なアイテムです。ブロアーはプロが使用するようなポンプの直径が大きく風力が強力なものもあれば、小型でコンパクトに持ち運べるものもあります。”

]]>
http://www.60news.net/2024/02/11/entry-20240211/feed/ 0
SMSの一斉送信はできるの? http://www.60news.net/2024/01/31/entry-20240131/ http://www.60news.net/2024/01/31/entry-20240131/#comments Tue, 30 Jan 2024 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/60newsnet/2024/01/31/entry-20240131/ “SMSは電話番号を使ってメッセージを送信するため、一度に複数の人にメッセージを送信することができません。しかし法人の場合は一斉にメッセージを送信する機会が多いため、SMSの一斉送信サービスを利用します。ここではSMSの一斉送信についてまとめてみましょう。
【SMSの一斉送信サービスとは?】
SMSによる情報発信を活かしたビジネスを展開するケースが急増しており、法人利用の際に非常に便利なのがSMSの一斉送信サービスです。SMS一斉送信とはSMSをたくさんのターゲットに対してまとめて送信することで、一般的にキャリアの相互接続サービスによってSMSをたくさんの顧客に対して同時に送る方法になります。SMS一斉送信は多数の顧客に対して同時にアプローチできることから活用頻度が高くなっています。
【SMSを一斉送信する方法とは?】
SMSを一斉送信したい場合、どのように送信するのでしょうか?その方法をまとめてみましょう。
<スマホに標準搭載されているメッセージアプリで送信する>
標準搭載されているメッセージアプリでもSMS一斉送信が可能です。インストール不要で利用できるので便利でしょう。少数の送信先であれば、宛先を追加することでそのまま送信できます。ただし複数に送信する場合は、文字数は70文字という制限があります。さらに画像も送ることはできません。またこの方法の場合は、大多数の人数に送信はできません。
<スマホキャリアのメッセージアプリで送信する>
スマホキャリアのメッセージアプリでは長文のテキストやスタンプ、写真なども送信することができます。SMSの一斉送信をする際にはグループを作成する必要があるものの、一度グループを作成すればいつでも気軽に送信できるというメリットがあります。またスマホキャリアのメッセージアプリは無料で利用可能です。ただしインストールする必要があるので注意しましょう。
<一斉送信ができるSMS送信サービスを使って送信する>
SMS一斉送信サービスを利用すれば、パソコンからでも大量の送信先を指定して長文のSMSを送信することが可能です。料金はかかりますが、様々な宛先に対して簡単にメッセージを一斉送信できるという魅力があります。SMSで送られたメッセージは開封率や到達率も高いため、連絡手段として優秀でしょう。”詳しくはこちら

]]>
http://www.60news.net/2024/01/31/entry-20240131/feed/ 0
スマホで自分の声が変えられるボイスチェンジャーアプリとは? http://www.60news.net/2023/11/05/entry-20231105/ http://www.60news.net/2023/11/05/entry-20231105/#comments Sat, 04 Nov 2023 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/60newsnet/2023/11/05/entry-20231105/ “スマホで動画を撮影する時に、自分の声を変えることで面白い動画を作ることができます。自分の声や動画、アニメの声を自由自在に変えて楽しめるボイスチェンジャーは、スマホのアプリで簡単に使うことができます。ここではボイスチェンジャーのおすすめアプリをまとめてみましょう。
【ボイスチェンジャーアプリって??】
ボイスチェンジャーアプリとは、スマホのマイクから取り込んだ音声を様々な音声に加工して出力できるアプリ機能です。Youtuberやお笑い芸人の動画を見ていると、ヘリウムガスを吸ったような面白い動画配信を見たことがある人もいるでしょう。実はあれはボイスチェンジャーを使っているのです。
ボイスチェンジャーでは声のトーンを高く変えたり、低く変えたりすることができます。また女性の声を男性の声に替えることもできるなど、気軽に様々な加工を楽しめますよ。またボイスチェンジャーは使い方によっては色々なシーンで活用できます。地声で動画を配信したくない人にとっては、ボイスチェンジャーは欠かせないでしょう。ボイスチェンジャーの中にはリアルタイムに通話しながら音声を変えることができるものもあります。
【ボイスチェンジャーおすすめのアプリをご紹介!】
ボイスチェンジャーアプリでおすすめのものをいくつかご紹介しましょう。
<PowerDirector>
豊富なボイスチェンジャーを搭載した動画編集アプリとして人気があるのが「PowerDirector」です。PowerDirectorはボイスチェンジャー単独の機能ではなく、動画編集アプリになります。多種多様な機能の中の1つに「ボイスチェンジャー」機能があるのです。編成できる声の種類は男性・女性、ラジオ、ロボットなど11種類ものボイス効果があります。PowerDirectorは使い方も簡単で、動画に好きなタイミングで音声を録音して、後から変声します。PowerDirectorは変声できる種類が多く、機能も豊富な点が魅力です。また多機能でありながら、初心者にもやさしい手軽さと充実のサポート体制が受けられるので安心して利用できるでしょう。
<MyEdit>
MyEditはブラウザ上で音声ファイルをボイスチェンジできます。スマホで録音した素材、音声データのボイスを変えたい!という方にはMyEditがおすすめでしょう。音声ファイルをアップロードしたらサイト内でボイスを変更するだけでOKです。変声できる種類は、電話、トランシーバー、ロボットなど様々。またAIを利用した人声に変換することもできます。編集が終われば後はダウンロードするだけでOKなので操作方法も簡単です。対応ファイルの形式はMP3、WAV、FLAC、M4Aです。基本的には無料で利用でき、BPM測定やノイズ除去などの機能もあります。
<マジックボイス>
マジックボイスはワンタッチで声を変えるボイスチェンジャーアプリです。録音した声をワンタップで、違う人の声に変えてしまえるのでとても便利。再生スピードの調整も可能で、早口にしたり、ゆっくりしたりすることもできます。音声の高低の調整もできるため、調整次第で音声のアレンジはとても幅広いです。モンスターのような低い声にしたり、甲高い声にしたりと楽しめるでしょう。また録音した声を変換しなければボイスチェンジャーではなく、普通のボイスレコーダーとして使えます。ただし音声エフェクトは6種類と少ないのがデメリットと言えるでしょう。
<Voice Changer Plus>
音声変換のエフェクトが約55種類もあるのがVoice Changer Plusというボイスチェンジャーアプリです。Voice Changer Plusに搭載されているエフェクトは、ヘリウム、エコーなどや、幽霊、エイリアン、ヘリコプターなどちょっと変わったものまで幅広く揃っています。使い方も簡単で、使用したいエフェクトを選んだらマイクボタンを押して音声を録音するだけでOKです。また声の変換だけではなく、効果音に自分の声を重ねて編集することもできるので使い道は広いでしょう。”

]]>
http://www.60news.net/2023/11/05/entry-20231105/feed/ 0
Youtube動画ではタイトルの付け方が重要 http://www.60news.net/2023/11/04/entry-20231104/ http://www.60news.net/2023/11/04/entry-20231104/#comments Fri, 03 Nov 2023 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/60newsnet/2023/11/04/entry-20231104/ “スマホで動画を撮影し、YoutubeなどのSNSにアップする場合、いかに視聴者の興味を引くタイトルをつけるかが重要になります。動画をたくさん投稿しているけれど再生回数が伸び悩んでいるという方は
視聴回数を増やせるタイトルの付け方ができていない可能性があります。ここでは動画のタイトルの付け方のポイントについてまとめてみましょう。
【Youtubeにおける動画タイトルとは?】
Youtubeの動画タイトルは、動画コンテンツの内容を短く文章で要約したものになります。またサムネイルは動画を視聴していなくても内容がイメージできるように、コンテンツを縮小して画像したものです。たくさんの動画の中から視聴者はタイトルやサムネイルをチェックして、どの動画を見るかを決めています。つまりYoutubeの動画タイトル、サムネイルは動画コンテンツの看板であり非常に重要な役割を果たしています。
【適切な動画タイトルを付けるメリットとは?】
適切な動画タイトルを付ければどのようなメリットが得られるのでしょうか?まとめてみましょう。
<視聴者の興味を惹きつける>
Youtubeにおける動画タイトル、サムネイルはコンテンツ内容をアピールする上で重要です。タイトルの中に自分の求めているキーワードが入っていれば視聴者はその動画を見ようと感じます。
タイトルはもちろん、サムネイルは視覚的にもインパクトが強いため、大きな影響力を持ちます。
<検索結果に上位表示されやすくなる>
Youtubeに適切なタイトルを付けると、検索結果の上位に表示されやすくなるので、必然的に再生回数アップにつながります。適切なタイトルはYoutubeアルゴリズムに合わせて、検索上位に動画を表示させやすくなるのです。
【Youtube動画にタイトルを付ける時のポイントとは?】
Youtube動画にタイトルを付ける際のポイントをまとめてみましょう。
<キーワードを入力する>
タイトルにはキーワードを入れます。最も重要なキーワードはタイトルの左端に置くのがベストです。キーワードに関しては選定ツールなどを活用するとよいでしょう。キーワードは自分の感覚で選ぶのではなく、実際に視聴者が多く検索しているものをリサーチしてください。
<キーワードは詰めすぎない>
タイトルには何でもかんでもキーワードを詰め込めばよいというわけではありません。キーワードをたくさん入れすぎてしまうと、検索結果の取り合いを起こしてしまい、効果が分散されてしまうことがあります。そうなるとせっかくキーワードを入れているのに逆効果になってしまうでしょう。キーワードの詰め込みには注意が必要です。
<タイトルは28文字以内にする>
あまりに長いタイトルだと読みにくいです。スマホの表示画面に合わせた文字数にするのがおすすめで、28文字以内がよいでしょう。
<類似のキーワードの人気動画をチェックしてみる>
検索上位を狙うためには、類似のキーワードで再生回数が伸びている人気動画をチェックしてみましょう。短縮ワードなどが使われている場合もあるので、使用を視野に入れておくのもおすすめです。”

]]>
http://www.60news.net/2023/11/04/entry-20231104/feed/ 0
2020年製スマホ「Nokia 5.3」!最高のandroidスマホ http://www.60news.net/2023/10/28/entry-20231028/ http://www.60news.net/2023/10/28/entry-20231028/#comments Fri, 27 Oct 2023 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/60newsnet/2023/10/28/entry-20231028/ “リユーススマホで、スペックだけでなく「クリーンなandroidスマホ体験」を求めているのであれば、「Nokia 5.3(リユーススマホ)」がオススメです。
リユーススマホといっても、2020年製スマートフォンとなりますのでNokia 5.3はスペックも低くありません。今回はそんなNokia 5.3について、Nokia 5.3の特徴、スペック、ユーザー評価についてまとめていこうと思います。
まずNokia 5.3の特徴からとなりますが、Nokia 5.3は「クリーンなAndroid体験に定評があり、ストックAndroid(ベースのAndroid)を採用、シンプルで使いやすいインターフェースが人気」のスマートフォンです。Nokia 5.3は、「コストパフォーマンスにすぐれていて、リーズナブルな価格でありながら、十分な性能や機能を提供していることが評価されている」のも特徴といえるでしょう。
しかもNokia 5.3は、「バッテリー持続力が高く、大容量バッテリーと省エネ機能により、長時間の使用が可能」なスマートフォンなのです。
簡単にNokia 5.3の特徴をまとめると、「デザインがスタイリッシュでモダンなデザイン、手に馴染みやすく持ちやすいスマートフォン、ディスプレイが6.55インチ IPS LCDディスプレイで鮮明な表示を提供する、カメラはクアッドカメラ(主カメラ13MP、超広角5MP、深度2MP、マクロ2MP)が搭載、リユーススマホでありながらSnapdragon 665プロセッサと4GB/6GBのRAMにより、一般的なタスクやアプリの使用に十分な性能を持っている」ので、リユーススマホのスペックが低いイメージを払拭してくれます。
Nokia 5.3の詳細スペックですが、「ディスプレイ:6.55インチ IPS LCD、解像度1600×720、プロセッサ:Snapdragon 665、メモリ:4GB/6GB RAM、ストレージ:64GB(拡張可能)、バッテリー:4,000mAh、10W充電、カメラ:クアッドカメラ(主カメラ13MP、超広角5MP、深度2MP、マクロ2MP)、フロントカメラ8MP、OS:Android 10(Android One)」となるので、リユーススマホ特有の古臭さを感じることがあるでしょう。
スペック自体が特別高いわけではないので、Nokia 5.3はゲーミングスマホと呼ばれるモデル並みのスペックがあるわけではありません。過去であれば、4GBもあればメモリ不足を感じない・・・といわれていたのですが、今ではマルチタスクが当たり前の時代でゲームアプリの負荷も高まっているため、snapdragon600番台、メモリは6GB以上が好ましいとされています。
Nokia 5.3のユーザー評価ですが、Nokia 5.3は、「クリーンなAndroid体験とコストパフォーマンスに対して高い評価を受けています。ストックAndroidを採用しているため、シンプルなインターフェースと定期的なセキュリティアップデートが提供され、使いやすさとセキュリティに重点を置くユーザーにとって魅力的」で、そのほかでは、「リーズナブルな価格にもかかわらず、十分な性能とカメラ機能を備えており、満足している」と回答するユーザーが多いです。
Nokia 5.3のマイナス評価では、Nokia 5.3は、「一部のユーザーはディスプレイの解像度が低いと感じることがあります。また、プロセッサの性能が高負荷なタスクに対してやや不足していると感じることもありますが、一般的なタスクには問題なく動作する」といった評価が多いため、同じリユーススマホでグラフィック処理・性能を求めるのであれば、Sony Xperiaシリーズ、Samsung galaxyシリーズを買い求めたほうが無難かもしれません。
Nokia 5.3の総合評価となりますが、Nokia 5.3は、「シンプルなためクリーンなAndroid体験、コストパフォーマンスを重視するユーザーや、基本的な機能を満たすスマートフォンを求めるユーザーにとって魅力的な選択肢」となりますので、クオリティよりもリユーススマホならではのコストパフォーマンス・・・を考えているユーザーにオススメできます。”

]]>
http://www.60news.net/2023/10/28/entry-20231028/feed/ 0
MVNOのメリットとは? http://www.60news.net/2023/10/21/entry-20231021/ http://www.60news.net/2023/10/21/entry-20231021/#comments Fri, 20 Oct 2023 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/60newsnet/2023/10/21/entry-20231021/ “MVNOとは格安スマホ、格安SIMを提供する通信会社の総称で、仮想移動体通信事業者を略しています。今回はMVNOについてまとめてみましょう。
【MVNOとMNOの違いとは?】
MVNOとMNOは同じ通信会社です。MNOが持っている通信設備(インフラ)をMVNOがレンタルしている関係性となります。通信設備を設置・維持・拡充するには時間もお金もかかるため、通信設備をレンタルして使った分だけ費用を払う方法の方が、設備投資の時間をかけずに大手携帯キャリアと同じようにスマホの通信サービスが提供できます。MVNOのサービスが開始されたのは2001年からのことで、通信系以外の業界からも数多くの企業が参入しています。
【MVNOが提供しているSIMカードを格安SIMと呼ぶ】
MVNOが提供するSIMカードは携帯キャリアに比べて低価格です。そのためMVNOが提供するSIMカードは「格安SIM」と呼ばれています。また格安SIMとスマホ端末のセットは「格安スマホ」とも呼んでいます。MVNOではSIMカードとスマホ端末をセットで購入する従来の方式ではなく、SIMカードだけ、スマホ端末だけの購入も一般的です。さらに特定の通信会社に限らず様々なSIMカードを差し込んで使えるSIMフリー端末の種類も増えています。
【MVNOのメリットとは?】
MVNOのメリットについてまとめてみましょう。
<利用料金がリーズナブル>
大手キャリアと比べるとMVNOは利用料金がリーズナブルです。MVNOはMNOから通信設備(インフラ)をレンタルして初期投資、維持費を抑えて、その分利用料金を安く設定しています。店舗を持たないMVNOも多く、人件費削減で格安価格を実現している会社も多いです。その他、申込みや相談窓口はネットメイン、サポート情報専用ページの用意など、電話応対や接客を極力少なくして対応しているMVNOもあります。
<料金プランがシンプル>
MVNOは料金プランがシンプルで分かりやすいのが特徴です。いくつかのデータ容量で料金プランが分かれていて、使用するネット通信量に応じて最適なものを選べます。使い方が分かれるサービスに関してはオプションとして追加する仕組みが一般的です。
例えば音声通話では
・かけ放題
・無料通話分がある
・最初の●分間が無料
などのパターンがあります。
他にも音声通話がない代わりに、データ容量を大きくしたり、費用を安くしたり料金プランがあるなど各社に違いあります。
<MVNOでもMNPができる>
MNPとは使用中の電話番号を他社へ乗り換える時に引き継ぐことです。スマホの乗り換えを検討している方の中にはMNPを利用したいという方は多いでしょう。MVNOにおいてもMNPは利用できるのでメリットと言えるでしょう。ちなみにMVNOの場合、音声通話が利用できる音声通話SIMの場合に、MNPを利用できます。
<使用しているスマホをそのまま引き継いで使用できる>
MVNOの場合、使用中のスマホを引き続き使うことが可能です。その場合、SIMカードのみを契約して、差し替えれば簡単に乗り換えができます。ただ今使っているスマホが、乗り換え先のサービスやSIMカードの対応に適応するかは事前に確認しておきましょう。”Galaxy SIMフリースマホの紹介とメリット

]]>
http://www.60news.net/2023/10/21/entry-20231021/feed/ 0
5G対応スマホの「vivo iQOO Neo8 Pro」とは? http://www.60news.net/2023/09/10/entry-20230910/ http://www.60news.net/2023/09/10/entry-20230910/#comments Sat, 09 Sep 2023 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/60newsnet/2023/09/10/entry-20230910/ “5Gでは4Gよりも遅延時間を削減していますので、オンラインでの診察や高い信頼性を必要とする遠隔手術などを可能にしているのです。
その5Gに対応しているスマートフォンは安価なエントリーモデルから高価なハイエンドモデルまでの様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo iQOO Neo8 Pro」という5Gスマホがあり、熱による電池への負担を減らすことで劣化を抑える機能も備えた大容量バッテリーや網膜残像を軽減してなめらかな映像を楽しめる高精細大型ディスプレイ、ハイクオリティの写真撮影が可能な高性能カメラや圧倒的なパフォーマンスでオンラインゲームも快適に楽しめる高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM16GB/256GBモデルが約61000円でRAM16GB/512GBモデルが約67000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約196gという誰でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグリーン、レッド、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応して解像度2800×1260でアスペクト比20:9の約6.78インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 9200+ 3.35GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが16GB、内蔵ストレージは256GBモデと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約800万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(OriginOS 3.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで液冷システムやステレオスピーカーなどがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.60news.net/2023/09/10/entry-20230910/feed/ 0
5G対応スマホの「TECNO CAMON 20 Premier 5G」とは? http://www.60news.net/2023/09/08/entry-20230908/ http://www.60news.net/2023/09/08/entry-20230908/#comments Thu, 07 Sep 2023 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/60newsnet/2023/09/08/entry-20230908/ “5Gに対応しているスマホは年々進化を続けていますので、いつ5Gスマホを購入してもインターネットを使って思う存分楽しめると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは大手キャリアだけではなく様々なスマホメーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「TECNO CAMON 20 Premier 5G」という5Gスマホがあり、外出での長時間のゲームや動画視聴の際にも安心して使い続けられる大容量バッテリーや最新のオンラインゲームでも快適に動作する高性能CPU、被写体の良さや美しさを最大限に引き出す高性能カメラや動きをなめらかに表現できて動きの激しいオンラインゲームも快適に楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約166ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約198gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはDark WelkinとSerenity Blueの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9 の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは45Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応していますので、負荷の高いオンラインゲームなども滑らかな表示で楽しめるでしょう。
CPUはMediaTek Dimensity 8050 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約10800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(HiOS)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.60news.net/2023/09/08/entry-20230908/feed/ 0
人気のミドルレンジモデルスマホとは http://www.60news.net/2023/09/02/entry-20230902/ http://www.60news.net/2023/09/02/entry-20230902/#comments Fri, 01 Sep 2023 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/60newsnet/2023/09/02/entry-20230902/ “ミドルレンジモデルのスマートフォンとは、「ハイエンドモデルのスマートフォンより下位、エントリーモデルのスマートフォンより上位」のスマートフォンをいいます。
今まで、ミドルレンジモデルのスマートフォンについて知らなかった人にとっては、「どうしてスマートフォンには下位、上位があるのか?」という気持ちになるでしょう。今まではなんとなく販売されてきたスマートフォンですが、今では明確な価格帯をもとにしてスマートフォンが販売されるようになり、その影響で価格帯で分類されるようになったのです。
ミドルレンジモデルのスマートフォン最大の特徴は、「ハイエンドモデルのスマートフォン並みのスペックがあること」です。この話を真に受けてしまうと・・・、だったらミドルレンジモデルのスマートフォンを購入してハイエンドモデルのスマートフォンは購入しなくてよい・・・となるかもしれません。ですが、ミドルレンジモデルのスマートフォンは「なんらかの性能がおとっている可能性がある」ので、実はハイエンドモデルのスマートフォンと比較できるほど優秀ではありません。
その代わりに、ミドルレンジモデルのスマートフォンは「5万円以下で購入できるモデルが多い」のです。
今ではミドルレンジモデルのスマートフォンが大人気になっていますが、早い話が5万円以下で購入できるハイスペックなスマートフォンを求めているユーザーが増えただけです。
ちなみに、ハイエンドモデルのスマートフォン並みのスペックのみ求めている、機能についてはそれほどこだわりがない・・・場合は、ミドルレンジモデルのスマートフォンを購入しても問題ありません。その理由ですが、「2022年に発売されたiPhone SE(第3世代)はA15 Bionicチップ搭載モデル、Google Pixel 6aにはGoogle Pixel 6 Proにも使用されているGoogle Tensor搭載モデル」だからです。スマートフォンはどのようなCPU、RAMが搭載されているかによって性能が変化するため、前述した優秀なCPU搭載モデルを購入するだけで、スマートフォンを通じてやりたいことはほぼすべてできるようになります。
ただし、以下のポイントを理解してミドルレンジモデルのスマートフォンを購入しないと、購入後にイメージどおりの動きをしない・・・という理由で、ミドルレンジモデルのスマートフォンを再購入しないといけなくなるでしょう。
まず、ミドルレンジモデルのスマートフォンは「OSで選ぶ」ようにしてください。
簡単にまとめると、ハイエンドモデルのスマートフォン、ミドルレンジモデルのスマートフォン、エントリーモデルのスマートフォンはOSで動作しているため、「iPhone(iOS)、Android」のどちらかを必ず選ぶ必要があるのです。ちなみに、シェア率が世界トップレベルのOSはiPhoneシリーズとなりますので、人気のミドルレンジモデルのスマートフォンを探しているのであれば、OSはiPhoneシリーズ固定で問題ありません。
androidはiPhoneシリーズにはない機能があり、近年ではフルスクリーンディスプレイ、ハイレゾ対応、音質に特化されているモデルが増えてきました。OS1つでこれほどの差があるので、どちらも同じと思わないほうがよいでしょう。
次に、ミドルレンジモデルのスマートフォンは「チップ(SoC)で選ぶ」ようにします。
こちらはミドルレンジモデルのスマートフォンのスペックを決めるもので、チップといったりCPUといったりするため誤解を招くことが多いです。主にチップは、「iPhoneシリーズはA◯ Bionic、AndroidはSnapdragon ◯」のように表記されているので、OSと同じでより自分に合っているほうを選ぶ、最新のチップ搭載モデルを選ぶようにするとコストパフォーマンスが高いスマートフォンを選べます。
補足となりますが、もし最新のゲームアプリ(3Dゲーム)など高負荷がかかるアプリを遊ぶ場合は、「8コアで2.5GHz以上あるモデル」を選ぶようにしてください。こちらはスペック一覧のCPUにまとめて記載されていることが多いため、ミドルレンジモデルのスマートフォン選びでは必ず確認したほうがよいでしょう。”

]]>
http://www.60news.net/2023/09/02/entry-20230902/feed/ 0
いつかは壊れるスマホの原因を学ぶ http://www.60news.net/2023/08/27/entry-20230827/ http://www.60news.net/2023/08/27/entry-20230827/#comments Sat, 26 Aug 2023 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/60newsnet/2023/08/27/entry-20230827/ “スマートフォンが故障するリスクについて、近年では注目されるようになってきました。その理由ですが、「故障するリスクを下げるだけでかなりの無駄な費用をおさえられる」からです。
わかりやすい例では破損、そしてスマートフォンのバッテリーがあげられます。破損の場合はスマートフォン保護ケースを購入するだけで防げるため簡単なのですが、破損してしまうと小さなひび割れを直す程度でも1万円以上かかるケースはありますし、その間はスマートフォン無しの生活を強いられることもあるので、スマートフォンが故障するリスクの注目度が上がってきました。
それだけ、現代を生きる人にとってのスマートフォンは価値が高いのです。
また、どれだけ破損することに注意していたとしても、「スマートフォンのバッテリーはいつか故障する」リスクがあります。ですが、スマートフォンが故障するまでの経緯を知っていると、スマートフォンのバッテリーが本格的に壊れる前に直すことも可能なので、今回はスマートフォンのバッテリーについてまとめていこうと思います。
まず、「スマートフォンのバッテリーは劣化する」ので注意してください。期間にして2年以上スマートフォンを利用しているとバッテリーの劣化が目立つようになるといわれています。
また、スマートフォンのバッテリーが傷んでいても、基本的にスマートフォン側からアラームやアプリが起動して忠告してくれるわけではありません。・・・ではどのようにして見抜くのかというと、それは、「充電時間がおそい」場合はスマートフォンのバッテリーが故障しかけていると思ってよいでしょう。
最終的に、スマートフォンのバッテリーは充電そのものがうまくいかなくなります。すると、スマートフォンのバッテリーからの通電が行えなくなるため、画面が暗いままで起動しなくなる・・・といったスマートフォンの故障が目立つようになるのです。
スマートフォンのバッテリーを長持ちさせるテクニックもあわせて解説しますが、「充電回数そのものを減らす」のが最も効率的とされています。
どのようにして対応するのかというと、具体的には「バッテリーは使い切る直前まで使用する」ことを意識するとよいです。このような対応を行っていると、何度もバッテリー充電をしなくてよくなるため、バッテリーが消耗するリスクを最小限にできるのです。
そのほかのテクニックとしては、「バッテリー充電中は使用しない」のもスマートフォンが故障するリスクを下げるテクニックだったりします。
バッテリー消耗が早まるケースでは「充電回数・放電状態」が関わってくるのですが、充電回数についてはすでに案内しているのではぶきます。放電状態とは、スマートフォンのバッテリー充電を行っている時に発生するリスクで、多くのユーザーが行っているスマートフォンのバッテリー充電中に使用している状態を指します。
テレビコマーシャルなどでも見かけることが多く、スマートフォンのバッテリーは急速充電できるタイプだから問題ない・・・と思っていると、スマートフォンのバッテリーが放電状態に入ってしまい、スマートフォンのバッテリーだけでなくスマートフォンそのものの寿命が短くなってしまうのです。
また、バッテリー消耗が早まることを意識しないでスマートフォンを利用したい場合は、オプションサービスに加入しているとバッテリー交換費用が安くならないか、スマートフォンメーカーがバッテリー交換を定期的に行ってくれないかチェックするとよいでしょう。今ではバッテリー交換を意識しているユーザーも多いため、スマートフォンメーカー側がバッテリー交換をうながす連絡を入れてくるケースまであります。”

]]>
http://www.60news.net/2023/08/27/entry-20230827/feed/ 0